関西資格ネットへ

ユニフォームを着ている男性
スマホを持っている男性

サイト紹介

皆さん、資格をどのくらいお持ちでしょうか。高校や大学、専門学校で資格を取ったという人も多いと思います。民間資格や国家資格まで様々なものが存在しますが、最近では通信講座で自分が学びたいと思った瞬間から資格にチャレンジすることも出来ます。男性から人気がある資格には自分のスキルアップや転職、独立に有利なものが多く、行政書士やファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士、社会保険労務士などがあります。一生物の資格になるので自分が目指すものが明確にある方はぜひ取っておきたいですね。特に行政書士は、国家資格ですが年齢や学歴、実務経験を問わないため受験しやすいですし、また転職時に有利になることや将来的に独立や開業への道も切り拓かれるためとても人気があります。そういった点でいえばビジネスとしての英語を学び海外で働くチャンスを得ることが出来るTOEICや、事務職には有利な簿記、販売や流通の知識を学ぶことが出来る販売士の資格も根強い人気がありますね。また、食べることが好きならフード系の資格、のように趣味を資格に繋げられるものもあるのでとても面白いですよ。学生を卒業してからはあまり勉強をしていない、といった方も資格を獲得するために勉強をして学びの楽しさを感じてみてはいかがでしょうか。

資格を持って魅力をあげる

人に魅力を感じると、その人に憧れを持ち仲良くなりたいと思いますよね。顔や髪型、服装など外見の特徴から惹かれることもありますが実際話してみて好感を持つことも多いと思います。人は共通点を持った人を好きになることが多いそうです。自分と同じものを好きと感じることで仲間意識を持って好意的に接するようになるのだとか。それならば、好きなものや趣味をたくさん持ったほうが会話も弾みますよね。動物が好きならトリマーやペットトレーナー、植物や花が好きならフラワーデザイナーや園芸インストラクター、女性に人気な資格としてアロマテラピー検定、カラーコーディネーター検定など趣味から繋がる資格はたくさん存在します。最近では似顔絵検定やバーベキュー検定などの面白い検定もあるそうですよ!会話をする中で、それどんな資格なの?と興味を持ってもらえること間違いなしですね。好きな気持ちを資格として持つことで自信にもなりますし、自分のスキルアップを目指して資格を習得することも将来必ずどこかで役に立つと思います。資格の学び方も専門の学校に通う、通信教育で学ぶなど色々あります。仕事に関する資格もあれば、趣味に関する資格などたくさんありますので興味を持つものがあればあなたなりの学び方で資格を取得してみて下さい。関西を旅して自分磨きをしましょう。自分一人の足で関西の名所を見て回ることによって得られる経験は何にも代えがたいものですよ。

英語の勉強

TOEFL

TOEFLという資格があるのをご存知でしょうか。TOEFLとは、Test of English as a Foreign Languageの略で英語を使わない国の人の英語力を判断するための試験です。主にアメリカやカナダなどの国に留学したい外国の学生が行きたい大学の授業を受けられる力を持っているかを試すために行われます。

面接

日商ビジネス英語検定

現代はますます英語を使う場面が増えてきました。昔は話せたら格好いいというものでしたが、今では使わないと仕事が出来ないという所もあるくらいです。ビジネス英会話は私たちが学んできた英語とは違い英語のコミュニケーション力を図るものになりますので初めて学ぶ方は難しいと感じる方も多いでしょう。

調理師

調理師

料理をするのは女性というイメージも昔の話で、今は男性でも料理をする人が多いですよね。最近では、「料理男子」なんて言葉も生まれているぐらいです。もし、料理をすることが好きで、将来的に自分のお店を持ちたい方や料理に対して正しい知識を持ちたいという方に人気の資格が調理師の資格です。

ソムリエ

ソムリエ

高級なレストランに行った時、メニューに載ったワインやアルコール飲料の名前だけを見てどのような味なのか分からないことってありますよね。そんな時スマートにワインの説明をしてくれる方がソムリエと呼ばれています。最近野菜ソムリエなど、他の資格もそんな風に呼ぶことが増えましたがワインのソムリエだけが正式な呼び名となっているんですよ。

ソムリエ

介護福祉士

最近、ますます介護の仕事の需要が増えてきています。 高齢化社会になってきたことでお年寄りが増え、有料老人ホームや サービス付きの高齢者向け住宅、介護保険施設が次々オープンしているそうです。 施設は介護レベルによって入居できるかどうかが決まります。 また、介護保険が使える場所と使えない場所があります。 そういったことで、人気の施設はすぐに埋まってしまい入りたくても入れない方もいるそうです。